読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

挙式当日スケジュールそしてチップのお話

 

こんにちは。

いつの季節もサクラサク~ サクです。

今回は挙式当日の流れです。まずはざっくりとしたタイムスケジュール↓

 

タイムスケジュール

4:00  起床

      身支度

5:00  メイクさん到着

      新郎ヘアメイク→新婦メイク→新婦ヘアメイク

6:00  アテンドさん・カメラマンさん到着

      部屋内で写真撮影

7:00  ホテルの下でヘアメイクさんとお別れ

      リムジンで挙式会場に向け出発

8:00  リハーサル

      挙式

      ガーデン撮影

11:00 食事会

12:00 家族とお別れ

      ビーチ撮影

13:00 ホテル着

      フォトツアー

15:00 カメラマンさんとお別れ

16:00 衣装返却・アテンドさんとお別れ  

 

記憶違いな部分もあるかもしれませんが大体こんな感じです。

早朝から動きましたが興奮のためか疲れはほとんどありませんでした。

 

総合して思ったことはハワイで働く日本人スタッフの方々はとても個性的で

皆さんとーっても暖かく、プロ性を持って働いていらっしゃいました。

たくさんの方々が私達の結婚式を素敵なものに作り上げようとしてくれてる…

なんて素晴らしいんだろう!!と感じ、心があたたかくなりました。

心があたたかくなるとチップも気持ちよく支払うことができます☆

「ありがとう」が溢れて何かお礼を示したい…そうだ!チップだ!!と 笑

初めはチップ文化に戸惑いましたが、支払う金額で感謝を示すことができ

サービスを受ける人も意思表示ができていいのかなと思うようになりました。

チップがないと生活ができないという給料事情もあるようなので

良い面ばかりではないのかもしれませんが…勉強不足です。

 

ここでチップについて参考までに金額を記載しておきます。

旅行会社やブライダル会社に聞けば教えてくれますが、あくまで私達の場合です。

 

30ドル

アテンドさん、カメラマンさん、メイクさん

 

20ドル

挙式会場のメインアドバイザーの方

 

10ドル

カメラマンさん×3、運転手さん、会場スタッフさん 等

 

事前に用意していたよりも多くの方々がいらっしゃってプチパニックだったので

実際の金額とは違うかも…笑

事前にもらっていたメモには書かれていない方々も多く正解はわかりませんでしたが、

夫のお世話になった人皆さんに感謝を伝えたい!という意向の下、

関わったほとんどの方には一応お渡しできたのかな?と思います。

衣装を着用する際に貴重品は持っていかないようにと言われるのですが、

チップを支払う必要はあるので、現金(特に10ドル札)は多めに持っておいたほうが

スマートだと思います。注意点は、落とさないように!

 

 

Today's Happy

出張から夫が帰ってきます☆