読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼクシィはもちろん初めに買いました

こんにちは。

いつの季節もサクラサク~ サクです。

今回は私が海外ウエディングを決めた経緯を書いておきます。

結婚は決めたけど結婚式はどうしよう?といった方や

結婚はまだだけど海外挙式に興味がある!という方の手助けができればと思います。

 

私達の場合は同棲→入籍という流れを取ったということもあり

初めは入籍だけで結婚式はもうやらなくてもいいんじゃないか・・・と話していました。

元々私が結婚願望も強いタイプではなくどんな結婚式をやってどんなドレスを着て・・・

という理想を思い描いていなかったので親のために結婚式はやった方がいいかな?

と考えていたほど結婚式に興味がなかったのです 笑

 

入籍を決めた時もドラマや映画で見たような感動というものはなく

苗字が変わるのが嫌だな、や私が戸籍抜けると母が戸籍上も1人になってしまう・・・等

どちらかというとマイナスに考えることが多かったです。

父が他界した翌年に結婚を決めたということもあり、

なんとなく明るい気分になれなかったというのも一つの要因でしたが。

そんな時に悩んで調べてたどり着いたのがこの本です。

 

www.amazon.co.jp

 

読むとなんとなく明るく気楽な気持ちになりました 笑

今思えばマリッジブルーだったのかもしれませんね。

夫にも抜粋して中身を読んでもらうことで2人の意識が結婚式へと向いていき

無事に入籍することができました。

 

入籍報告を親族や友人にする中で耳に残っていたのが海外挙式。

修学旅行で中国に行ったっきりの私ですが、なぜかそこに意識が向いたんです。

お金もかかるし神社で神前式にしようかとかレストランで親族と食事会にしようかと

色々なパターンで悩みましたが私の結婚式なんだから私がやりたいことをやろうと。

夫は元々「結婚式は好きにしていいよ」という人だったので

私の心が決まればもう海外ウエディングへ一直線でした。

 

そこからはJTBウエディングで開催しているブライダルフェアに予約を入れ

海外版ゼクシィを買い、家族にそれとなく話す・・・

行き当たりばったりでしたが着々と準備を進めることができました。

 

www.amazon.co.jp

 

 

 

Today's Happy

サニーにお弁当を買いに行くと真鯛と桜海老ご飯を発見!

春の味~♪